スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格について、

うちの現場監督の倉谷君が2級建築士にチャレンジしています。
朝7:45分に出社してから建築現場に出かけ、夕方6時から建築専門学校に通っています。
学校から帰ってきたら、復習をしなければいけないので、多分夜は遅くに寝ているでしょう。
最近頬も若干痩せてきました。(清水社長が第一発見者)
仕事をしながらの、2級建築士の取得は生半可なことでは通りません、彼は相当努力をしているでしょう。
これだけ頑張っているんだからぜひ合格してほしいです。

実際の現場管理には、コレといった資格は実は必要ではありません。
しかし、現場管理者に対する国家試験は存在します。
【施工管理技士】という資格です。(なくても良いが、あったほうが良い資格)
「そんな資格なんて必要ない!天下りが作った資格やろ!」と言われればそれまでですが、多くの現場監督者が毎年受験を行っています。
合格率は2級施工管理士の場合で、筆記試験35%その合格者の41%が実技試験に合格し資格を得ることができます。この資格を取得する現場監督は、日々忙しいなか頑張って取得しています。うちの現場監督の丸岡君も昨年【2級施工管理技士】を取得しました。
何が言いたいかといいますと、資格を取得するひとはみんな相当な努力をし、またその努力ができる人だということです。そんな努力をできる人が、現場管理をするのだからこそ安心して家をまかせられると思います。資格を得るには建築の基礎知識から安全管理までを徹底して勉強しましす。「そんな事教えられなくても知ってるわ?」と自分の考えから抜け出せない人は資格を得れません。資格を持っているひとは、いろんな事を吸収できる心を持っているひとだとも思います。

?ウエブリーディングの清水社長は、社員が取得したい資格があれば金銭的にも時間的にも完全バックアップして頂けます。資格を社員がとれば、その社員が一回り大きくなってくれると考えられているからです。

なんか熱く語りましたが、2級建築士の勉強を頑張っている倉谷君を見ていてふと書いてしまいました。

私葛城も今年は【2級造園施工管理】と【2級エクステリアプランナー】の資格に挑戦する予定です。
学生時代は、一切勉強せずにここまで過ごした体育会人生でしたが、子供のころに勉強してこなかったぶん頭の引き出しは十分あいているようなので、もう少し頑張っていきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

葛城 勲

Author:葛城 勲
誕生日   1972年9月7日
性別     男性
家族構成  嫁さん+男児2名
住所     大阪府松原市
身長     176cm
体重     70kg

趣味など   
最近ガーデニング
昔からガンプラ
当然ワンピース
毎晩晩酌
パソコンの学校に行きたい!

学歴
松原小学校
松原中学校
清風高校 卒業
東海大学文学部 卒業

出身は大阪
中学生より突然変異により走るのが速くなり、学校では無敵の運動会のスペシャリストになる。その後、高校で陸上部に入部するも低迷。大学卒業後、インテリアの仕事に就きたく大阪の小泉産業?でコイズミ学習机の営業として、9年間務める。父親を通じてウエブリーディングの清水社長と知り合い、ウエブに31歳の時に転職。建築やインテリアの仕事が出来ると思っていたが、スコップと長靴と軍手をわたされ、3年ほど土にマミレル。
現在も土にもてあそばれながら、日々勉強をしている。
2009年に宅地建物取引主任者の試験に奇跡的に合格。
2011年に2級造園施工管理技士と2級エクステリアプランナー取得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。